ショ糖脂肪酸エステルの妊娠中の発がん性と女性のぽっこりお腹を改善するスリムフォーのぶどう糖や果糖へ

内臓脂肪をとることによってぽっこりお腹を改善することができます。

 

ダイエットサプリは様々なものがありますが、内臓脂肪を減らしたいという女性に人気のサプリメントがスリムフォーです。

 

スリムフォーの主成分は、葛の葉抽出物になります。

 

葛の葉由来のイソフラボンが主成分で、イソフラボンには様々な効果を期待することができます。

 

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、バストアップをしたり、増えすぎた女性ホルモンの抑制、抗酸化作用によるシミやシワの改善、アンチエイジングや新陳代謝を高めることなどができるとされています。

 

また、ダイエット効果として脂肪の合成を抑制したり、分解する、代謝を上げて脂肪を減らすサポートをします。

 

スリムフォーは他にもサポート成分が含まれています。

 

セルロースは不溶性食物繊維の一種で、ぶどう糖が鎖状に結合した炭水化物になります。錠剤形成のための増粘安定剤として使用されていますが、腸のぜん動運動を促して便秘を解消したり、腸内環境を整えます。

 

二酸化ケイ素は骨の形成に対して影響のあるミネラルです。毛髪や血管などにもい含まれており危険性のない添加物となっています。

 

還元パラチノースは砂糖や果糖と比べてカロリーが低く、虫歯になりにくい安全性の高い甘味料になります。

 

ショ糖脂肪酸エステルも含まれており、製品の劣化を防ぐ作用があります。

 

過剰に摂取しなければ危険な添加物ではありませんが、過剰摂取などには注意が必要です。

 

過剰摂取以外にも妊娠中は控えた方が良いとされています。

 

これは胎児の染色体異常を引き起こしたり、発がん性が疑われているためです。

 

少量であれば妊娠中でも問題ないとされています。

 

しかし、妊娠している時は食品添加物を避けた食生活をした方が良いと考えられるため、なるべく避けることが無難となります。

 

妊娠中に利用される葉酸サプリメントなどにも含まれていることもあります。栄養を補給しているつもが添加物をメインに摂取していたというケースもあるため、サプリメントはしっかり考えてから購入することが大切です。